オハイオ川(オハイオがわ、Ohio River)は、アメリカ合衆国中東部を流れる川。ミシシッピ川の主要な支流のひとつである。全長は1,579km。川はペンシルベニア州ピッツバーグに始まり、イリノイ州カイロでミシシッピ川に合流して終わる。 オハイオ川は歴史的に重要な川である。流域一体のネイティブ・アメリカンたちは、この川を主要交通手段としていた。入植した白人は河岸にいくつもの河港をつくり、都市を建設して水上交通の拠点とし、流域の豊富な鉄鉱石や石炭を利用して産業を興した。また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。

Property Value
dbo:Stream/discharge
  • 7440.0
dbo:Stream/watershed
  • 490603.0
dbo:abstract
  • オハイオ川(オハイオがわ、Ohio River)は、アメリカ合衆国中東部を流れる川。ミシシッピ川の主要な支流のひとつである。全長は1,579km。川はペンシルベニア州ピッツバーグに始まり、イリノイ州カイロでミシシッピ川に合流して終わる。 オハイオ川は歴史的に重要な川である。流域一体のネイティブ・アメリカンたちは、この川を主要交通手段としていた。入植した白人は河岸にいくつもの河港をつくり、都市を建設して水上交通の拠点とし、流域の豊富な鉄鉱石や石炭を利用して産業を興した。また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。 (ja)
  • オハイオ川(オハイオがわ、Ohio River)は、アメリカ合衆国中東部を流れる川。ミシシッピ川の主要な支流のひとつである。全長は1,579km。川はペンシルベニア州ピッツバーグに始まり、イリノイ州カイロでミシシッピ川に合流して終わる。 オハイオ川は歴史的に重要な川である。流域一体のネイティブ・アメリカンたちは、この川を主要交通手段としていた。入植した白人は河岸にいくつもの河港をつくり、都市を建設して水上交通の拠点とし、流域の豊富な鉄鉱石や石炭を利用して産業を興した。また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。 (ja)
dbo:discharge
  • 7440.000000 (xsd:double)
dbo:elevation
  • 223.000000 (xsd:double)
dbo:riverMouth
dbo:watershed
  • 490603000000.000000 (xsd:double)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 717562 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6794 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80333522 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • オハイオ川 (ja)
  • オハイオ川 (ja)
prop-ja:延長
  • 1579 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 223 (xsd:integer)
prop-ja:水源
prop-ja:水系
prop-ja:河口
  • ミシシッピ川(イリノイ州カイロ) (ja)
  • ミシシッピ川(イリノイ州カイロ) (ja)
prop-ja:流域
prop-ja:流域面積
  • 490603 (xsd:integer)
prop-ja:流量
  • 7440 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • --08-29
prop-ja:画像説明
  • オハイオ川上流端。手前がオハイオ川。 (ja)
  • ペンシルベニア州ピッツバーグ市 (ja)
  • オハイオ川上流端。手前がオハイオ川。 (ja)
  • ペンシルベニア州ピッツバーグ市 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オハイオ川(オハイオがわ、Ohio River)は、アメリカ合衆国中東部を流れる川。ミシシッピ川の主要な支流のひとつである。全長は1,579km。川はペンシルベニア州ピッツバーグに始まり、イリノイ州カイロでミシシッピ川に合流して終わる。 オハイオ川は歴史的に重要な川である。流域一体のネイティブ・アメリカンたちは、この川を主要交通手段としていた。入植した白人は河岸にいくつもの河港をつくり、都市を建設して水上交通の拠点とし、流域の豊富な鉄鉱石や石炭を利用して産業を興した。また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。 (ja)
  • オハイオ川(オハイオがわ、Ohio River)は、アメリカ合衆国中東部を流れる川。ミシシッピ川の主要な支流のひとつである。全長は1,579km。川はペンシルベニア州ピッツバーグに始まり、イリノイ州カイロでミシシッピ川に合流して終わる。 オハイオ川は歴史的に重要な川である。流域一体のネイティブ・アメリカンたちは、この川を主要交通手段としていた。入植した白人は河岸にいくつもの河港をつくり、都市を建設して水上交通の拠点とし、流域の豊富な鉄鉱石や石炭を利用して産業を興した。また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。 (ja)
rdfs:label
  • オハイオ川 (ja)
  • オハイオ川 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • オハイオ川 (ja)
  • オハイオ川 (ja)
is dbo:place of
is dbo:riverMouth of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:place of
is prop-ja:tributaryLeft of
is prop-ja:河口 of
is foaf:primaryTopic of