Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オテル・リッツ ( Hôtel Ritz )は、パリの中心部、1区にある壮麗な宮殿ホテルである。ヴァンドーム広場の15番地に位置し、八角形の広場を見渡すことができる。世界で最も豪華で評判の良いホテルの1つに数えられており、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟している。現在159室を有している。オテル・リッツは1898年、スイスのホテル経営者セザール・リッツと料理人のオーギュスト・エスコフィエの協力のもと設立された。新しいホテルは、18世紀に建てられたタウンハウスのファサードの背後に建設された。伝えられるところによれば、居室に隣接した浴室や電話、電気を各部屋に設置提供したのは、オテル・リッツがヨーロッパで初めてだったという。その贅沢さがまたたくまに評判になり、王侯、政治家、作家、映画スター、歌手等を顧客に迎えることになった。スイートの幾室かに、ココ・シャネルやアーネスト・ヘミングウェイら著名な宿泊客を記念して、名前が付けられている。彼らは何年にもわたってホテルに滞在していた。ホテルのバーの1つ「バー・ヘミングウェイ」はヘミングウェイに捧げられ、「レスパドン」は世界的に有名なレストランであり、隣接する「リッツ・エスコフィエ料理学校」で学ぶ野心的なシェフを世界中から引きつけている。ホテルの最も豪華なスイート「スイート・アンペリアル」は、それ自体がフランス政府により歴史的建造物の指定を受けた。第二次世界大戦中、ホテルは占領ドイツ軍に接収され、ドイツ空軍のパリ支部として使用された。リッツの息子シャルル・リッツが1976年に死去すると、リッツ一族の最後の所有者は1979年、エジプトの実業家モハメド・アルファイドにホテルを売却した。1997年8月には、アルファイドの息子ドディ・アルファイドとダイアナ元英国皇太子妃が、宿命的な交通事故の前にインペリアル・スイートで食事をとっている。上流階級とその贅の象徴としてのステイタスから、オテル・リッツは小説など多くの著名な創作作品の中で重要な役割を果たした。F・スコット・フィッツジェラルドの『夜はやさし』や、ヘミングウェイの『日はまた昇る』、ノエル・カワードの戯曲『 Semi-Monde 』、あるいはビリー・ワイルダー監督の1957年のコメディ『昼下がりの情事』、1966年の映画『おしゃれ泥棒』などが挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2409836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:address
  • ヴァンドーム広場 15
prop-ja:architect
prop-ja:formerNames
  • XHotel
prop-ja:groundbreakingDate
  • 1705 (xsd:integer)
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:latd
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:latm
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:latns
  • N
prop-ja:lats
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:locationCountry
prop-ja:locationTown
  • パリ1区
prop-ja:longd
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:longew
  • E
prop-ja:longm
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:longs
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:mainContractor
  • Antoine Bitaut de Vaillé
prop-ja:name
  • オテル・リッツ・パリ
prop-ja:nativeName
  • Hôtel Ritz Paris
prop-ja:nativeNameLang
  • fr
prop-ja:renovationDate
  • 1898 (xsd:integer)
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 48.867777777777775 2.328611111111111
rdf:type
rdfs:comment
  • オテル・リッツ ( Hôtel Ritz )は、パリの中心部、1区にある壮麗な宮殿ホテルである。ヴァンドーム広場の15番地に位置し、八角形の広場を見渡すことができる。世界で最も豪華で評判の良いホテルの1つに数えられており、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟している。現在159室を有している。オテル・リッツは1898年、スイスのホテル経営者セザール・リッツと料理人のオーギュスト・エスコフィエの協力のもと設立された。新しいホテルは、18世紀に建てられたタウンハウスのファサードの背後に建設された。伝えられるところによれば、居室に隣接した浴室や電話、電気を各部屋に設置提供したのは、オテル・リッツがヨーロッパで初めてだったという。その贅沢さがまたたくまに評判になり、王侯、政治家、作家、映画スター、歌手等を顧客に迎えることになった。スイートの幾室かに、ココ・シャネルやアーネスト・ヘミングウェイら著名な宿泊客を記念して、名前が付けられている。彼らは何年にもわたってホテルに滞在していた。ホテルのバーの1つ「バー・ヘミングウェイ」はヘミングウェイに捧げられ、「レスパドン」は世界的に有名なレストランであり、隣接する「リッツ・エスコフィエ料理学校」で学ぶ野心的なシェフを世界中から引きつけている。ホテルの最も豪華なスイート「スイート・アンペリアル」は、それ自体がフランス政府により歴史的建造物の指定を受けた。第二次世界大戦中、ホテルは占領ドイツ軍に接収され、ドイツ空軍のパリ支部として使用された。リッツの息子シャルル・リッツが1976年に死去すると、リッツ一族の最後の所有者は1979年、エジプトの実業家モハメド・アルファイドにホテルを売却した。1997年8月には、アルファイドの息子ドディ・アルファイドとダイアナ元英国皇太子妃が、宿命的な交通事故の前にインペリアル・スイートで食事をとっている。上流階級とその贅の象徴としてのステイタスから、オテル・リッツは小説など多くの著名な創作作品の中で重要な役割を果たした。F・スコット・フィッツジェラルドの『夜はやさし』や、ヘミングウェイの『日はまた昇る』、ノエル・カワードの戯曲『 Semi-Monde 』、あるいはビリー・ワイルダー監督の1957年のコメディ『昼下がりの情事』、1966年の映画『おしゃれ泥棒』などが挙げられる。
rdfs:label
  • オテル・リッツ・パリ
owl:sameAs
geo:lat
  • 48.867779 (xsd:float)
geo:long
  • 2.328611 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of