Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オティス・ケーリ(Otis Cary、1851年4月20日 - 1932年7月25日)は、アメリカ合衆国の宣教師である。1851年マサチューセッツ州に生まれる。アマースト大学に入学し、在学中に新島襄と知り合う。アンドーヴァー神学校を卒業する。1878年エレンと結婚し、来日する。岡山教会で、金森通倫と共に10年間牧会をする。その時、片山潜、留岡幸助らと出会う。後に、山陽女学院を創設する。1892年より同志社の教授になり、教会史、説教学、社会学などと教える。神戸女学院の初代理事長を務める。帰国後、ロサンゼルスやユタ州オグテンで伝道をする。1904年アマースト大学より名誉神学博士号を受ける。孫は、同志社大学教授のオーテス・ケーリ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2810775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 913 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56547689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オティス・ケーリ(Otis Cary、1851年4月20日 - 1932年7月25日)は、アメリカ合衆国の宣教師である。1851年マサチューセッツ州に生まれる。アマースト大学に入学し、在学中に新島襄と知り合う。アンドーヴァー神学校を卒業する。1878年エレンと結婚し、来日する。岡山教会で、金森通倫と共に10年間牧会をする。その時、片山潜、留岡幸助らと出会う。後に、山陽女学院を創設する。1892年より同志社の教授になり、教会史、説教学、社会学などと教える。神戸女学院の初代理事長を務める。帰国後、ロサンゼルスやユタ州オグテンで伝道をする。1904年アマースト大学より名誉神学博士号を受ける。孫は、同志社大学教授のオーテス・ケーリ。
rdfs:label
  • オティス・ケーリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of