Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オットー2世(Otto II, 1206年4月7日 - 1253年11月29日)は、バイエルン公兼ライン宮中伯。ルートヴィヒ1世とボヘミア公ベドジフの娘ルドミラの子。1222年にライン宮中伯ハインリヒ6世(ハインリヒ獅子公の孫)の妹アグネスとヴォルムスで結婚。この縁が元でライン宮中伯とバイエルン公はオットー2世の子孫に代々受け継がれていく事になる。ホーエンシュタウフェン朝に忠実であり、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の次男コンラート4世に娘のエリーザベトを娶わせている。1253年、ランツフートで死去。遺領は長男のルートヴィヒ2世と次男のハインリヒ13世が共同統治する事になったが、1255年に分割、ルートヴィヒ2世はライン宮中伯と上バイエルン公となり、ハインリヒ13世は下バイエルン公として相続した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1955327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59223324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オットー2世(Otto II, 1206年4月7日 - 1253年11月29日)は、バイエルン公兼ライン宮中伯。ルートヴィヒ1世とボヘミア公ベドジフの娘ルドミラの子。1222年にライン宮中伯ハインリヒ6世(ハインリヒ獅子公の孫)の妹アグネスとヴォルムスで結婚。この縁が元でライン宮中伯とバイエルン公はオットー2世の子孫に代々受け継がれていく事になる。ホーエンシュタウフェン朝に忠実であり、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の次男コンラート4世に娘のエリーザベトを娶わせている。1253年、ランツフートで死去。遺領は長男のルートヴィヒ2世と次男のハインリヒ13世が共同統治する事になったが、1255年に分割、ルートヴィヒ2世はライン宮中伯と上バイエルン公となり、ハインリヒ13世は下バイエルン公として相続した。
rdfs:label
  • オットー2世 (バイエルン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of