Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オットー式建築(おっとーしきけんちく)は、オットー1世(936年-975年)の時代に発展した建築様式である。この様式はドイツで発見され、10世紀中葉から11世紀まで続いた。オットー式建築はカロリング建築やビザンティン建築から発想を得ている。オットマルザイムのような八角形のアーヘンの宮殿礼拝堂(11世紀、アルザス)やエッセンの聖なる三位一体大聖堂の後陣に影響を受けた例から分かれて、宗教建築は中央から放射状に広がる傾向がある。ローマのバシリカから得た着想は、今も一致していて、オットー式建築は教会の後陣のあるカロリング建築とそっくりのものを維持している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2697903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48033704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オットー式建築(おっとーしきけんちく)は、オットー1世(936年-975年)の時代に発展した建築様式である。この様式はドイツで発見され、10世紀中葉から11世紀まで続いた。オットー式建築はカロリング建築やビザンティン建築から発想を得ている。オットマルザイムのような八角形のアーヘンの宮殿礼拝堂(11世紀、アルザス)やエッセンの聖なる三位一体大聖堂の後陣に影響を受けた例から分かれて、宗教建築は中央から放射状に広がる傾向がある。ローマのバシリカから得た着想は、今も一致していて、オットー式建築は教会の後陣のあるカロリング建築とそっくりのものを維持している。
rdfs:label
  • オットー式建築
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of