Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オットー・パウル・ヘルマン・ディールス(Otto Paul Hermann Diels、1876年1月23日・ハンブルク - 1954年3月7日)はドイツ人化学者である。ベルリン大学の文献学の教授の息子であり、ベルリン大学のエミール・フィッシャーのグループで化学の博士号を得た。1916年まではベルリン大学で、1916年から1945年まではキール大学で教鞭をとった。2人の息子は第二次世界大戦によって死亡している。1950年に彼の生徒であるクルト・アルダーとともにノーベル化学賞を「ジエン反応の発見とその応用」によって受賞している。これはディールス・アルダー反応として知られている。 
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 462259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58263781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オットー・パウル・ヘルマン・ディールス(Otto Paul Hermann Diels、1876年1月23日・ハンブルク - 1954年3月7日)はドイツ人化学者である。ベルリン大学の文献学の教授の息子であり、ベルリン大学のエミール・フィッシャーのグループで化学の博士号を得た。1916年まではベルリン大学で、1916年から1945年まではキール大学で教鞭をとった。2人の息子は第二次世界大戦によって死亡している。1950年に彼の生徒であるクルト・アルダーとともにノーベル化学賞を「ジエン反応の発見とその応用」によって受賞している。これはディールス・アルダー反応として知られている。 
rdfs:label
  • オットー・ディールス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:doctoralStudent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of