Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オットー・エーリヒ・ドイチュ(Otto Erich Deutsch, 1883年9月5日 - 1967年11月23日)は、オーストリア出身の音楽学者。ウィーンでユダヤ人の家庭に生まれる。ウィーンとグラーツにて、芸術史と文学史を専攻する。1912年までウィーン大学芸術史研究所の助手を務める。第一次世界大戦に出征して3年間の従軍生活を送った後、音楽史の研究に専念する。1928年に教授となる。1939年、第二次世界大戦勃発と共にナチスを避けて渡英し、ケンブリッジで過ごす。1951年、シューベルトの全作品を初めて網羅分類して作品番号を振り、D番号と命名する。この番号は、通常ドイチュ番号と呼ばれている。1952年にオーストリアへ帰国する。1955年、ヘンデルの伝記を上梓する。1961年、モーツァルトの浩瀚な伝記を刊行する。1967年、ウィーンで死去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 762261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48767815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オットー・エーリヒ・ドイチュ(Otto Erich Deutsch, 1883年9月5日 - 1967年11月23日)は、オーストリア出身の音楽学者。ウィーンでユダヤ人の家庭に生まれる。ウィーンとグラーツにて、芸術史と文学史を専攻する。1912年までウィーン大学芸術史研究所の助手を務める。第一次世界大戦に出征して3年間の従軍生活を送った後、音楽史の研究に専念する。1928年に教授となる。1939年、第二次世界大戦勃発と共にナチスを避けて渡英し、ケンブリッジで過ごす。1951年、シューベルトの全作品を初めて網羅分類して作品番号を振り、D番号と命名する。この番号は、通常ドイチュ番号と呼ばれている。1952年にオーストリアへ帰国する。1955年、ヘンデルの伝記を上梓する。1961年、モーツァルトの浩瀚な伝記を刊行する。1967年、ウィーンで死去した。
rdfs:label
  • オットー・エーリヒ・ドイチュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of