Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オゼッラ・FA1M (Osella FA1M) はオゼッラ・スクアドラ・コルセが1989年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはアントニオ・トマイーニ。FA1MはFA1Lの後継で、ターボエンジンの禁止により自然吸気エンジンを搭載することとなり、完全に再設計された車であった。FA1Mは前作よりもパワーがあったが信頼性の欠如に苦しみ、後半にかけてようやく何度か予選通過できるようになってきたが、完走したのは1度のみであった。翌1990年、1991年は改良型のFA1M-Eが投入された。FA1M-Eも同様に信頼性に欠けたが、こちらは4回完走している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3145427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54561232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
prop-ja:エンジン形式
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
  • ヒューランド DGB400 / オゼッラ
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:サスペンション(前)_
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
  • アントニオ・トマイーニ
prop-ja:ドライバー
  • オリビエ・グルイヤール
  • ピエルカルロ・ギンザーニ
  • ニコラ・ラリーニ
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • オゼッラ・FA1M / FA1M-E / フォンドメタル・FA1M-E
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:出走回数
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:排気量
  • 3.500000 (xsd:double)
prop-ja:燃料
prop-ja:重量
  • 505 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オゼッラ・FA1M (Osella FA1M) はオゼッラ・スクアドラ・コルセが1989年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはアントニオ・トマイーニ。FA1MはFA1Lの後継で、ターボエンジンの禁止により自然吸気エンジンを搭載することとなり、完全に再設計された車であった。FA1Mは前作よりもパワーがあったが信頼性の欠如に苦しみ、後半にかけてようやく何度か予選通過できるようになってきたが、完走したのは1度のみであった。翌1990年、1991年は改良型のFA1M-Eが投入された。FA1M-Eも同様に信頼性に欠けたが、こちらは4回完走している。
rdfs:label
  • オゼッラ・FA1M
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:後継 of
is foaf:primaryTopic of