Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オゼッラ・FA1C (Osella FA1C) はオゼッラ・スクアドラ・コルセが1981年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはジョルジオ・ヴァレンティーニ。FA1Cは1981年から1982年にかけて15戦に出走、1982年に3ポイントを獲得した。これはオゼッラにとって初のポイント獲得となった。FA1Cはまた、リカルド・パレッティが死亡事故を起こした車両でもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3142582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54501932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
prop-ja:エンジン形式
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:サスペンション(前)_
  • アッパーアーム, ロワーウィッシュボーン, ショックアブソーバー
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
  • オゼッラ・スクアドラ・コルセ
prop-ja:デザイナー
  • ジョルジオ・ヴァレンティーニ
prop-ja:トレッド
  • 前:
  • 後:
prop-ja:ドライバー
  • 31 (xsd:integer)
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • オゼッラ・FA1C
prop-ja:先代
prop-ja:初戦
  • 1981 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:燃料
  • バルボリン / Agip
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オゼッラ・FA1C (Osella FA1C) はオゼッラ・スクアドラ・コルセが1981年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはジョルジオ・ヴァレンティーニ。FA1Cは1981年から1982年にかけて15戦に出走、1982年に3ポイントを獲得した。これはオゼッラにとって初のポイント獲得となった。FA1Cはまた、リカルド・パレッティが死亡事故を起こした車両でもある。
rdfs:label
  • オゼッラ・FA1C
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:後継 of
is foaf:primaryTopic of