Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 物品におけるオス(雄)は、対になった凸と凹のうちの凸のほうである。これは常に対になって扱われ、凹の方はメスという。物品の形状においては、例えばケーブル(電線)と装置を繋ぐコネクタの場合、ケーブル側のほうをオス、機器側のほうをメスで構成する場合が多い。これは端子部分が構造として破損しやすいオス側は単価が安いため交換の容易なケーブル側で、端子部分が壊れたからといってその都度修理に出すことはデメリットが大きい機器側をより壊れにくいメス側で構成するという考え方だが、例外的にRS-232Cのようにこの関係が逆な規格も存在する。ソケット参照。なお差し込まれるという側であることから、動的な側としても扱われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 231465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59041484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 物品におけるオス(雄)は、対になった凸と凹のうちの凸のほうである。これは常に対になって扱われ、凹の方はメスという。物品の形状においては、例えばケーブル(電線)と装置を繋ぐコネクタの場合、ケーブル側のほうをオス、機器側のほうをメスで構成する場合が多い。これは端子部分が構造として破損しやすいオス側は単価が安いため交換の容易なケーブル側で、端子部分が壊れたからといってその都度修理に出すことはデメリットが大きい機器側をより壊れにくいメス側で構成するという考え方だが、例外的にRS-232Cのようにこの関係が逆な規格も存在する。ソケット参照。なお差し込まれるという側であることから、動的な側としても扱われる。
rdfs:label
  • オス (工学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of