Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オクシリンコス(Oxyrhynchus、ギリシア語: Ὀξύρρυγχος、古代エジプト語: Pr-Medjed、コプト語: Pemdje、アラビア語: el-Bahnasa)は、カイロから南南西に160kmのあたりにある上エジプトの都市で、ミニヤー県に属する。遺跡の名前でもあり、エジプトで最も重要な遺跡の1つと言われている。20世紀にはオクシリンコスで継続的な発掘調査が行われ、プトレマイオス朝からローマ属州時代のパピルスが大量に見つかっている。オクシリンコスで見つかった文書の中には、メナンドロスの戯曲、「トマスによる福音書」の断片、初期のキリスト教徒に関する文書などがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2157048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53275951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 28.535969 30.655336
rdf:type
rdfs:comment
  • オクシリンコス(Oxyrhynchus、ギリシア語: Ὀξύρρυγχος、古代エジプト語: Pr-Medjed、コプト語: Pemdje、アラビア語: el-Bahnasa)は、カイロから南南西に160kmのあたりにある上エジプトの都市で、ミニヤー県に属する。遺跡の名前でもあり、エジプトで最も重要な遺跡の1つと言われている。20世紀にはオクシリンコスで継続的な発掘調査が行われ、プトレマイオス朝からローマ属州時代のパピルスが大量に見つかっている。オクシリンコスで見つかった文書の中には、メナンドロスの戯曲、「トマスによる福音書」の断片、初期のキリスト教徒に関する文書などがある。
rdfs:label
  • オクシリンコス
owl:sameAs
geo:lat
  • 28.535969 (xsd:float)
geo:long
  • 30.655336 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of