Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オオツノシカ(Megaloceros giganteus/大角鹿)は、200万年前 - 1万2000年前(新生代第三紀鮮新世後期 - 第四紀更新世末)のユーラシア大陸北部に生息していた大型のシカ。オオツノジカとも記される。マンモスや毛サイと並んで氷河期を代表する動物として知られる。和名はこの属の特徴である巨大な角の後枝から。学名も同様に「巨大な枝角」を意味する。なお、日本で発掘されるヤベオオツノシカ(Sinomegaceros yabei)は別属別種であり、単にオオツノシカと呼ぶ場合は大陸産の本種を指す。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 756859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54930471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * M. antecedens * M. cazioti * M. dawkinsi * M. giganteus * M. luochuanensis * M. obscurus * M. pachyosteus * M. savini * M. verticornis
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜目
prop-ja:亜科
prop-ja:亜綱
prop-ja:名称
  • オオツノシカ
prop-ja:和名
  • オオツノシカ
prop-ja:学名
  • Megaloceros giganteus
prop-ja:
  • メガロケロス属 Megaloceros
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
prop-ja:
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
prop-ja:英名
  • Irish Elk
dc:description
  • スミソニアン博物館所蔵の全身骨格
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オオツノシカ(Megaloceros giganteus/大角鹿)は、200万年前 - 1万2000年前(新生代第三紀鮮新世後期 - 第四紀更新世末)のユーラシア大陸北部に生息していた大型のシカ。オオツノジカとも記される。マンモスや毛サイと並んで氷河期を代表する動物として知られる。和名はこの属の特徴である巨大な角の後枝から。学名も同様に「巨大な枝角」を意味する。なお、日本で発掘されるヤベオオツノシカ(Sinomegaceros yabei)は別属別種であり、単にオオツノシカと呼ぶ場合は大陸産の本種を指す。
rdfs:label
  • オオツノシカ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • Irish Elk
  • オオツノシカ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of