Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古典力学において、オイラー力(オイラー加速度とも。レオンハルト・オイラーに由来)は、方位加速度及び横断加速度として知られており、放射状の加速度の結果として感じる慣性力に接する力である。言い換えると、不均一な回転座標系の運動を分析して、基準系の座標軸の角速度に変化量がある時に現れる加速度でもある。この力は、固定軸の周りを回転する座標系のみに限定して現れる。オイラー力は F = m a (a :オイラー加速度、m :物体の質量)で表されるオイラー加速度に関係している物体の慣性力である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2901142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58982290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古典力学において、オイラー力(オイラー加速度とも。レオンハルト・オイラーに由来)は、方位加速度及び横断加速度として知られており、放射状の加速度の結果として感じる慣性力に接する力である。言い換えると、不均一な回転座標系の運動を分析して、基準系の座標軸の角速度に変化量がある時に現れる加速度でもある。この力は、固定軸の周りを回転する座標系のみに限定して現れる。オイラー力は F = m a (a :オイラー加速度、m :物体の質量)で表されるオイラー加速度に関係している物体の慣性力である。
rdfs:label
  • オイラー力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of