Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オイノマオス(古希: Οἰνόμαος, Oinomaos)は、ギリシア神話の人物である。エーリスのピーサの王で、アレースと河神アーソーポスの娘ハルピンナ、あるいはアトラースの娘アステロペー、あるいはアトラースの娘アステリエーとの子。あるいはアルクシオンの子。オイノマオスはアトラースの娘ステロペー、あるいはアクリシオスの娘エウアレーテーとの間にヒッポダメイアをもうけた。またデュスポンテウス、レウキッポスという子供もいた。オイノマオスはたいへんな愛馬家で、父アレースから授かった馬を持っていた。ハルピンナ市の創建者で、母の名にちなんで名づけた。また娘ヒッポダメイアの求婚者を戦車競走で負かして殺害したことで有名で、ソポクレースとエウリーピデースが悲劇作品を書いたが散逸した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1719634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52583715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オイノマオス(古希: Οἰνόμαος, Oinomaos)は、ギリシア神話の人物である。エーリスのピーサの王で、アレースと河神アーソーポスの娘ハルピンナ、あるいはアトラースの娘アステロペー、あるいはアトラースの娘アステリエーとの子。あるいはアルクシオンの子。オイノマオスはアトラースの娘ステロペー、あるいはアクリシオスの娘エウアレーテーとの間にヒッポダメイアをもうけた。またデュスポンテウス、レウキッポスという子供もいた。オイノマオスはたいへんな愛馬家で、父アレースから授かった馬を持っていた。ハルピンナ市の創建者で、母の名にちなんで名づけた。また娘ヒッポダメイアの求婚者を戦車競走で負かして殺害したことで有名で、ソポクレースとエウリーピデースが悲劇作品を書いたが散逸した。
rdfs:label
  • オイノマオス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of