Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エーリヒ・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルーデンドルフ(Erich Friedrich Wilhelm Ludendorff, 1865年4月9日 - 1937年12月20日)は、ドイツの軍人、政治家である。第一次世界大戦初期のタンネンベルクの戦いにおいて第8軍司令官パウル・フォン・ヒンデンブルクを補佐してドイツ軍を勝利に導いた。大戦中期から後期には参謀本部総長となったヒンデンブルクの下で参謀本部次長を務め、「ルーデンドルフ独裁」とも呼ばれる巨大な実権を握った。最終階級は歩兵大将。戦後はアドルフ・ヒトラーと結び、ミュンヘン一揆を起こした。『総力戦』の著者としても知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 237593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58134661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Erich Ludendorff
prop-ja:所属組織
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:最終階級
prop-ja:死没地
  • ミュンヘン=オーバーバイエルン大管区トゥッツィング
prop-ja:氏名
  • エーリヒ・ルーデンドルフ
prop-ja:没年月日
  • 1937-12-20 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --04-09
prop-ja:生誕地
  • クレシェフニア
  • (現:・ヴィエルコポルスカ県)
prop-ja:画像
  • Erich Ludendorff.jpg
prop-ja:軍歴
  • 1883 (xsd:integer)
prop-ja:除隊後
  • 国会議員
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エーリヒ・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルーデンドルフ(Erich Friedrich Wilhelm Ludendorff, 1865年4月9日 - 1937年12月20日)は、ドイツの軍人、政治家である。第一次世界大戦初期のタンネンベルクの戦いにおいて第8軍司令官パウル・フォン・ヒンデンブルクを補佐してドイツ軍を勝利に導いた。大戦中期から後期には参謀本部総長となったヒンデンブルクの下で参謀本部次長を務め、「ルーデンドルフ独裁」とも呼ばれる巨大な実権を握った。最終階級は歩兵大将。戦後はアドルフ・ヒトラーと結び、ミュンヘン一揆を起こした。『総力戦』の著者としても知られる。
rdfs:label
  • エーリヒ・ルーデンドルフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:犯人 of
is foaf:primaryTopic of