Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エーベルハルト・オットー(Eberhard Otto, 1913年2月26日 - 1974年10月11日)はドイツのエジプト学者。1932年から1937年までライプツィヒやミュンヘン、ゲッティンゲンで学び、1938年の博士号取得と1943年の大学教授資格取得の後、1950年にハンブルク大学でエジプト学の員外教授、1955年にハイデルベルク大学で同じく正教授となった。古代エジプトの宗教や文化についての研究の傍ら、彼はその死までヴォルフガング・ヘルク (Wolfgang Helck) とともに『エジプト学事典』(Lexikon der Ägyptologie) の編集を行った。彼の最も成功した著作は彼の妻に捧げられたポケット版の本である『エジプト・ファラオの王国の過程』(Ägypten. Der Weg des Pharaonenreiche) であり、これは1979年まで5版が重ねられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2207986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53141968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エーベルハルト・オットー(Eberhard Otto, 1913年2月26日 - 1974年10月11日)はドイツのエジプト学者。1932年から1937年までライプツィヒやミュンヘン、ゲッティンゲンで学び、1938年の博士号取得と1943年の大学教授資格取得の後、1950年にハンブルク大学でエジプト学の員外教授、1955年にハイデルベルク大学で同じく正教授となった。古代エジプトの宗教や文化についての研究の傍ら、彼はその死までヴォルフガング・ヘルク (Wolfgang Helck) とともに『エジプト学事典』(Lexikon der Ägyptologie) の編集を行った。彼の最も成功した著作は彼の妻に捧げられたポケット版の本である『エジプト・ファラオの王国の過程』(Ägypten. Der Weg des Pharaonenreiche) であり、これは1979年まで5版が重ねられた。
rdfs:label
  • エーベルハルト・オットー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of