Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エヴフィミヤ・ウラジミロヴナ(ロシア語: Евфимия Владимировна、? - 1139年4月4日)はキエフ大公ウラジーミル2世の娘である。エヴフィミヤは1112年にハンガリー王カールマーン1世と結婚した。カールマーンは重い病気に苦しめられながら、エヴフィミヤの姦通を暴き、キエフへ送り返した。カールマーンの屋敷において、エヴフィミヤは既に息子のボリス(ru)を出産しており、ボリスは後にハンガリー王位継承権を主張することになるが、カールマーンはボリスを自身の家門の子と認めなかった。その後エヴフィミヤはキエフ近郊の修道院に入り、残りの人生をそこで過ごした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2983184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58150010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エヴフィミヤ・ウラジミロヴナ(ロシア語: Евфимия Владимировна、? - 1139年4月4日)はキエフ大公ウラジーミル2世の娘である。エヴフィミヤは1112年にハンガリー王カールマーン1世と結婚した。カールマーンは重い病気に苦しめられながら、エヴフィミヤの姦通を暴き、キエフへ送り返した。カールマーンの屋敷において、エヴフィミヤは既に息子のボリス(ru)を出産しており、ボリスは後にハンガリー王位継承権を主張することになるが、カールマーンはボリスを自身の家門の子と認めなかった。その後エヴフィミヤはキエフ近郊の修道院に入り、残りの人生をそこで過ごした。
rdfs:label
  • エヴフィミヤ・ウラジミロヴナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of