Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『エンブレマタ(エンブレム集, Emblemata)』は、イタリアの法学者アンドレーア・アルチャートによってラテン語で書かれた最初のエンブレム・ブックである。1531年の初版以降、16世紀だけで少なくとも100以上の版を重ね、19世紀までに更に100近い版を上乗せするという、近世ヨーロッパのベストセラー作品となった。なお、「エンブレマタ」は、エンブレムを表すギリシャ語の複数形である。この本のタイトルは複数あるが、一般的には『エンブレマタ』で通用する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 648671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57415192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『エンブレマタ(エンブレム集, Emblemata)』は、イタリアの法学者アンドレーア・アルチャートによってラテン語で書かれた最初のエンブレム・ブックである。1531年の初版以降、16世紀だけで少なくとも100以上の版を重ね、19世紀までに更に100近い版を上乗せするという、近世ヨーロッパのベストセラー作品となった。なお、「エンブレマタ」は、エンブレムを表すギリシャ語の複数形である。この本のタイトルは複数あるが、一般的には『エンブレマタ』で通用する。
rdfs:label
  • エンブレマタ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of