Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クイントゥス・エンニウス(ラテン語: Quintus Ennius, 紀元前239年 - 紀元前169年)は共和政ローマ時代の作家で、「ローマ詩の父」とよく言われている。もっともエンニウスはギリシア人の血筋であった。エンニウスの作品は断片しか現存しないが、ラテン文学に与えた影響は重大なものがある。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1348222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56636024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 紀元前239年
prop-ja:birthPlace
  • サレント半島
prop-ja:deathDate
  • 紀元前169年
prop-ja:name
  • エンニウス
prop-ja:nationality
  • 共和政ローマ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クイントゥス・エンニウス(ラテン語: Quintus Ennius, 紀元前239年 - 紀元前169年)は共和政ローマ時代の作家で、「ローマ詩の父」とよく言われている。もっともエンニウスはギリシア人の血筋であった。エンニウスの作品は断片しか現存しないが、ラテン文学に与えた影響は重大なものがある。
rdfs:label
  • エンニウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エンニウス
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of