Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エントロピー弾性(エントロピーだんせい)とは、温度を一定にして体積を変化させたときのエントロピー変化により生じる弾性力である。具体的には閉空間に閉じ込めた気体や、高分子などの物体に応力を加えて引き伸ばした際にエントロピーが低下し、エントロピー増大則によってミクロブラウン運動が起こり、元の形状に戻ろうとする力が生じている。代表的なものとしてゴム状態の固体が持つゴム弾性がある。また形状記憶合金の性質にもエントロピー弾性が働いていると考えられる。もう1種の弾性として「エネルギー弾性」がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 192441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59007630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エントロピー弾性(エントロピーだんせい)とは、温度を一定にして体積を変化させたときのエントロピー変化により生じる弾性力である。具体的には閉空間に閉じ込めた気体や、高分子などの物体に応力を加えて引き伸ばした際にエントロピーが低下し、エントロピー増大則によってミクロブラウン運動が起こり、元の形状に戻ろうとする力が生じている。代表的なものとしてゴム状態の固体が持つゴム弾性がある。また形状記憶合金の性質にもエントロピー弾性が働いていると考えられる。もう1種の弾性として「エネルギー弾性」がある。
rdfs:label
  • エントロピー弾性
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of