Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エレミヤは旧約聖書の『エレミヤ書』に登場する古代ユダヤの預言者。イエレミヤとも表記する。紀元前7世紀末から紀元前6世紀前半の、バビロン捕囚の時期に活動した。父はアナトトの祭司ヒルキヤ。アナトトはベニヤミン族の地にあった祭司たちの町であった。このことからエレミヤの家系は、ダビデ王の死去後に対立後継者アドニヤをたてたことを理由にソロモン王から祭司を罷免させられ、アナトトに追放された祭司アビアタルにつながるものであると思われる。旧約聖書のうち『エレミヤ書』、『エレミヤの哀歌』、『列王記』上下は伝統的にエレミヤの著作と考えられてきた。現代の研究者には他の文書にもエレミヤの関与を想定するものがいる。『エレミヤ書』は『イザヤ書』『エゼキエル書』とならんで3大預言書のひとつとされ、旧約時代の預言者のなかでも、重要視される人物の一人である。正教会・非カルケドン派で聖人とされる。正教会での記憶日は5月1日(ユリウス暦を使用する正教会では5月14日に相当)であり、聖預言者イエレミヤと呼称される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 146995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3098 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54109751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エレミヤは旧約聖書の『エレミヤ書』に登場する古代ユダヤの預言者。イエレミヤとも表記する。紀元前7世紀末から紀元前6世紀前半の、バビロン捕囚の時期に活動した。父はアナトトの祭司ヒルキヤ。アナトトはベニヤミン族の地にあった祭司たちの町であった。このことからエレミヤの家系は、ダビデ王の死去後に対立後継者アドニヤをたてたことを理由にソロモン王から祭司を罷免させられ、アナトトに追放された祭司アビアタルにつながるものであると思われる。旧約聖書のうち『エレミヤ書』、『エレミヤの哀歌』、『列王記』上下は伝統的にエレミヤの著作と考えられてきた。現代の研究者には他の文書にもエレミヤの関与を想定するものがいる。『エレミヤ書』は『イザヤ書』『エゼキエル書』とならんで3大預言書のひとつとされ、旧約時代の預言者のなかでも、重要視される人物の一人である。正教会・非カルケドン派で聖人とされる。正教会での記憶日は5月1日(ユリウス暦を使用する正教会では5月14日に相当)であり、聖預言者イエレミヤと呼称される。
rdfs:label
  • エレミヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of