Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エレボン(elevon)は飛行機の操縦に用いる動翼の一つである。無尾翼機(水平尾翼を有しない航空機)において用いられる。補助翼(英: aileron)と昇降舵(英: elevator)の役割を兼ね備えたものであり、語自体も二つの語を組み合わせた造語である。主翼後縁に取り付けられており、左右の動翼を同一の方向に動かすことでエレベーター(昇降舵)として、それぞれ逆の方向に動かすことでエルロン(補助翼)として機能する。同時に両方の機能を使用する際は両方の方向を合成した位置に動く。パイロットの操縦系統は従来と変わらない2軸方式であるが、この本来は2つある舵の方向をエレボンに合成して位置を決める計算は非常に複雑で、現代の全翼機ではフライ・バイ・ワイヤ方式で操縦補助されることを前提に装備されている(B-2 (航空機)など)。第二次世界大戦期に既に実用化されており、ナチス・ドイツの全翼機ホルテン Ho229の動翼に使用されていた(ただし完全な手動コントロールであり安定性は低かった)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1427331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50433286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エレボン(elevon)は飛行機の操縦に用いる動翼の一つである。無尾翼機(水平尾翼を有しない航空機)において用いられる。補助翼(英: aileron)と昇降舵(英: elevator)の役割を兼ね備えたものであり、語自体も二つの語を組み合わせた造語である。主翼後縁に取り付けられており、左右の動翼を同一の方向に動かすことでエレベーター(昇降舵)として、それぞれ逆の方向に動かすことでエルロン(補助翼)として機能する。同時に両方の機能を使用する際は両方の方向を合成した位置に動く。パイロットの操縦系統は従来と変わらない2軸方式であるが、この本来は2つある舵の方向をエレボンに合成して位置を決める計算は非常に複雑で、現代の全翼機ではフライ・バイ・ワイヤ方式で操縦補助されることを前提に装備されている(B-2 (航空機)など)。第二次世界大戦期に既に実用化されており、ナチス・ドイツの全翼機ホルテン Ho229の動翼に使用されていた(ただし完全な手動コントロールであり安定性は低かった)。
rdfs:label
  • エレボン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of