Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エレオノラ・シアーズ(Eleonora Sears, 1881年9月28日 - 1968年3月16日)は、アメリカ・マサチューセッツ州ボストン出身の女子テニス選手。フルネームは Eleonora Randolph Sears (エレオノラ・ランドルフ・シアーズ)という。1910年代の全米選手権で活躍し、女子ダブルス4勝・混合ダブルス1勝を挙げた選手である。シングルスでは1912年に準優勝があった。彼女は全米選手権男子シングルスの初代優勝者、リチャード・シアーズの姪にあたる。彼女は“Eleo”(エレオ)という愛称で呼ばれた。右利きの選手。エレオノラの父親であるフレッド・シアーズは、1874年にジェームズ・ドワイトと一緒に「アメリカで最初にテニスを紹介した選手」として知られる。おじのリチャード・シアーズは、7年後の1881年に創設された「全米シングルス選手権」(最初の名称)で第1回大会の優勝者になった。エレオノラは乗馬・ゴルフ・競歩などの多彩なスポーツをこなし、自宅のあるボストンから40マイル(約64km)離れたロードアイランド州プロビデンスの間を競歩の速さで往復したという。精力的な女子スポーツ選手であったエレオノラは、1911年に30歳でテニスの全米選手権に初出場し、女子ダブルスでヘイゼル・ホッチキスと組んで初優勝した。翌1912年、シアーズは2年連続で女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に進出する。当時の全米選手権では、「チャレンジ・ラウンド」から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年度優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)の流れで優勝者を決定した。1911年のチャレンジ・ラウンド決勝でフローレンス・サットン(メイ・サットンの妹)に敗れ、大会前年優勝者であったホッチキスへの挑戦権獲得を逃したシアーズは、1912年もメアリー・ブラウンに 4-6, 2-6 で敗れた。しかし、ホッチキスは結婚のため1912年の大会に参加せず、この年は「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかった。この方式の場合、自動的に決勝に進出できる前年優勝者が出場しなかった場合は、チャレンジ・ラウンドの決勝結果を優勝記録表に記載する。こうして、エレオノラ・シアーズは1912年の女子シングルス準優勝者になった。その後、1916年に4年ぶり3度目のチャレンジ・ラウンド準優勝があったが、彼女はとうとう女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルに進出できなかった。全米選手権女子シングルスでは、この方式は1918年を最後に廃止された。エレオノラ・シアーズは優れたダブルス選手として、1915年から1917年まで女子ダブルス3連覇を達成した。1915年は、結婚後4年ぶりに復帰したヘイゼル・ホッチキス・ワイトマンと組み、1916年と1917年はモーラ・ビュルステットと組んでいる。1916年はウィリス・デービスと組んだ混合ダブルスでも優勝し、この年は女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。この時期は第1次世界大戦の最中であったが、全米選手権は戦時中も開催が続行された。第1次世界大戦の終戦後、シアーズは1922年から1924年までウィンブルドン選手権にも挑戦したが、すべて初戦敗退に終わっている。全米選手権には、48歳を迎える1929年まで出場を続行した。エレオノラ・シアーズは1968年3月16日、フロリダ州パームビーチにて86歳で死去した。彼女は全米選手権のダブルスにおける活躍を評価され、死の直後の1968年に国際テニス殿堂入りを果たした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1109973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56063711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:フルネーム(英語名)_
  • Eleonora Randolph Sears
prop-ja:全米オープン
  • 準優勝(1912)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1911・15-17)
prop-ja:全米オープン混合ダブルス
  • 優勝(1916)
prop-ja:写真
  • Eleonora Sears.jpg
prop-ja:写真のコメント
  • エレオノラ・シアーズ
prop-ja:出身地
  • 同・マサチューセッツ州ボストン
prop-ja:利き手
prop-ja:愛称
  • Eleo (エレオ)
prop-ja:死没地
  • 同・フロリダ州パームビーチ
prop-ja:没年日
  • 1968-03-16 (xsd:date)
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1881-09-28 (xsd:date)
prop-ja:選手名(日本語)_
  • エレオノラ・シアーズ
prop-ja:選手名(英語)_
  • Eleonora Sears
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エレオノラ・シアーズ(Eleonora Sears, 1881年9月28日 - 1968年3月16日)は、アメリカ・マサチューセッツ州ボストン出身の女子テニス選手。フルネームは Eleonora Randolph Sears (エレオノラ・ランドルフ・シアーズ)という。1910年代の全米選手権で活躍し、女子ダブルス4勝・混合ダブルス1勝を挙げた選手である。シングルスでは1912年に準優勝があった。彼女は全米選手権男子シングルスの初代優勝者、リチャード・シアーズの姪にあたる。彼女は“Eleo”(エレオ)という愛称で呼ばれた。右利きの選手。エレオノラの父親であるフレッド・シアーズは、1874年にジェームズ・ドワイトと一緒に「アメリカで最初にテニスを紹介した選手」として知られる。おじのリチャード・シアーズは、7年後の1881年に創設された「全米シングルス選手権」(最初の名称)で第1回大会の優勝者になった。エレオノラは乗馬・ゴルフ・競歩などの多彩なスポーツをこなし、自宅のあるボストンから40マイル(約64km)離れたロードアイランド州プロビデンスの間を競歩の速さで往復したという。精力的な女子スポーツ選手であったエレオノラは、1911年に30歳でテニスの全米選手権に初出場し、女子ダブルスでヘイゼル・ホッチキスと組んで初優勝した。翌1912年、シアーズは2年連続で女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に進出する。当時の全米選手権では、「チャレンジ・ラウンド」から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年度優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)の流れで優勝者を決定した。1911年のチャレンジ・ラウンド決勝でフローレンス・サットン(メイ・サットンの妹)に敗れ、大会前年優勝者であったホッチキスへの挑戦権獲得を逃したシアーズは、1912年もメアリー・ブラウンに 4-6, 2-6 で敗れた。しかし、ホッチキスは結婚のため1912年の大会に参加せず、この年は「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかった。この方式の場合、自動的に決勝に進出できる前年優勝者が出場しなかった場合は、チャレンジ・ラウンドの決勝結果を優勝記録表に記載する。こうして、エレオノラ・シアーズは1912年の女子シングルス準優勝者になった。その後、1916年に4年ぶり3度目のチャレンジ・ラウンド準優勝があったが、彼女はとうとう女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルに進出できなかった。全米選手権女子シングルスでは、この方式は1918年を最後に廃止された。エレオノラ・シアーズは優れたダブルス選手として、1915年から1917年まで女子ダブルス3連覇を達成した。1915年は、結婚後4年ぶりに復帰したヘイゼル・ホッチキス・ワイトマンと組み、1916年と1917年はモーラ・ビュルステットと組んでいる。1916年はウィリス・デービスと組んだ混合ダブルスでも優勝し、この年は女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。この時期は第1次世界大戦の最中であったが、全米選手権は戦時中も開催が続行された。第1次世界大戦の終戦後、シアーズは1922年から1924年までウィンブルドン選手権にも挑戦したが、すべて初戦敗退に終わっている。全米選手権には、48歳を迎える1929年まで出場を続行した。エレオノラ・シアーズは1968年3月16日、フロリダ州パームビーチにて86歳で死去した。彼女は全米選手権のダブルスにおける活躍を評価され、死の直後の1968年に国際テニス殿堂入りを果たした。
rdfs:label
  • エレオノラ・シアーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of