Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルンスト・ルスカ(Ernst August Friedrich Ruska、1906年12月25日 - 1988年5月27日)はドイツの物理学者。1986年電子顕微鏡の基礎研究と開発の業績でノーベル物理学賞を受賞した。 ハイデルベルクで生まれた。ミュンヘン工科大学を卒業した後、ベルリン工科大学に進み、マックス・クノールと1931年電子顕微鏡を製作した。1937年から1955年までジーメンス・ハルスケ社で働き、その後1972年までフリッツ・ハーバー研究所の所長となった。またベルリン自由大学、ベルリン工科大学の教授を歴任した。1986年ノーベル物理学賞を受賞した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 277778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54694152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エルンスト・ルスカ(Ernst August Friedrich Ruska、1906年12月25日 - 1988年5月27日)はドイツの物理学者。1986年電子顕微鏡の基礎研究と開発の業績でノーベル物理学賞を受賞した。 ハイデルベルクで生まれた。ミュンヘン工科大学を卒業した後、ベルリン工科大学に進み、マックス・クノールと1931年電子顕微鏡を製作した。1937年から1955年までジーメンス・ハルスケ社で働き、その後1972年までフリッツ・ハーバー研究所の所長となった。またベルリン自由大学、ベルリン工科大学の教授を歴任した。1986年ノーベル物理学賞を受賞した。
rdfs:label
  • エルンスト・ルスカ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of