Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルネスト・テオドロ・モネータ(Ernesto Teodoro Moneta、1833年9月20日-1918年2月10日)はミラノ生まれのイタリアのジャーナリストで国際的な平和運動家である。1907年にフランスのルイ・ルノーとともにノーベル平和賞を受賞した。モネータの思想は、彼自身もしばしば用いた「軍事平和主義者」などの逆説的な言葉によって表される。また彼は国内主義的な国際主義者であり、信心深い反聖職者で、オフィスの向かいに昼食を食べに行くのにも電車を利用する健康追求者だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1390770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52622148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エルネスト・テオドロ・モネータ(Ernesto Teodoro Moneta、1833年9月20日-1918年2月10日)はミラノ生まれのイタリアのジャーナリストで国際的な平和運動家である。1907年にフランスのルイ・ルノーとともにノーベル平和賞を受賞した。モネータの思想は、彼自身もしばしば用いた「軍事平和主義者」などの逆説的な言葉によって表される。また彼は国内主義的な国際主義者であり、信心深い反聖職者で、オフィスの向かいに昼食を食べに行くのにも電車を利用する健康追求者だった。
rdfs:label
  • エルネスト・テオドロ・モネータ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of