Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルナンド・デ・ソト(Hernando de Soto, およそ1496年または1497年 - 1542年5月21日)はスペイン人探検家でコンキスタドール。現在のアメリカ合衆国の領地へ最初の白人の遠征隊を率いて、ミシシッピ川を「発見」した。スペインのエストレマドゥーラ地方に生まれ、十代の後半にはペドラリアス・ダビラ知事の側で中央アメリカの征服に参加した。1530年代始めに南アメリカを征服したフランシスコ・ピサロの遠征隊にも加わり、インカの略奪品を占有し非常に裕福になった。1539年、デ・ソトは初期のスペインの植民地への最大の遠征に着手したほか、その大事業は、黄金と中国への道を探してアメリカ合衆国南東部一帯に及んだ。1542年に現在のアーカンソー州レイクヴィレッジのミシシッピ川の土手で死亡。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1160492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58970885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エルナンド・デ・ソト(Hernando de Soto, およそ1496年または1497年 - 1542年5月21日)はスペイン人探検家でコンキスタドール。現在のアメリカ合衆国の領地へ最初の白人の遠征隊を率いて、ミシシッピ川を「発見」した。スペインのエストレマドゥーラ地方に生まれ、十代の後半にはペドラリアス・ダビラ知事の側で中央アメリカの征服に参加した。1530年代始めに南アメリカを征服したフランシスコ・ピサロの遠征隊にも加わり、インカの略奪品を占有し非常に裕福になった。1539年、デ・ソトは初期のスペインの植民地への最大の遠征に着手したほか、その大事業は、黄金と中国への道を探してアメリカ合衆国南東部一帯に及んだ。1542年に現在のアーカンソー州レイクヴィレッジのミシシッピ川の土手で死亡。
rdfs:label
  • エルナンド・デ・ソト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of