Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルトフェットル(氷語:Eldfell)とは、アイスランド・ヘイマエイ島にある標高200メートルの火山である。この山は、1973年1月23日に始まった噴火によってできた。開始前、ヘイマエイ島の島民たちは何の前兆も感じることは無かった。この名前、エルトはアイスランド語で「火」、フェットルは「山」もしくは「丘」を意味する。続けて「火の山」が日本語における意訳であろうか。火山噴火はこの島に重大な危機をもたらし、殆どもう少しで島民が永久に全島避難するという結果になるところだった。火山灰が島内全域に降り注ぎ、重みで400軒の家屋を倒壊させてしまった。また、溶岩流が港をもう少しでふさぎそうになるところまで迫ってきていた。この島の主要な収入源は島民が保有する漁船団によって得られる漁獲高に占められている。港口を埋めつくさんばかりに前進する溶岩流に、ポンプで汲み上げた海水をその上にかけて冷却するという作戦が決行された。海水によって溶岩は冷えて固まり、作戦は成功した。。本作戦は、港の喪失を防げたという点で大成功をおさめた。噴火がおさまってから、島民たちは、ゆっくり冷えていく溶岩流の熱を、熱湯を沸かして暖房したり、熱で電気を起こしたりするのに利用した。彼らは広大な土地に降り積もったテフラをも利用した。テフラとは、火山灰などの空から降下する火山性の物質である。彼らは、テフラを島内にある小さな飛行場の滑走路を延伸するための盛り土の材料にしたり、港の一部を埋め立てて埠頭を新設する材料にしたりと、多方面に使ったのである。こうした復興活動により、200軒の家が新築された。
dbpedia-owl:address
  • ヴェストマン諸島
dbpedia-owl:alpsGroup
dbpedia-owl:iso31661Code
  • IS-8
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2538143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59252113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • W
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • エルトフェットル
prop-ja:地図国コード
  • IS-8
prop-ja:山系
prop-ja:所在地
prop-ja:最新噴火
  • 1973 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Eldfell、2007年6月撮影
prop-ja:種類
prop-ja:経度分
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 63 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 57 (xsd:integer)
dcterms:subject
georss:point
  • 63.4325 20.2475
rdf:type
rdfs:comment
  • エルトフェットル(氷語:Eldfell)とは、アイスランド・ヘイマエイ島にある標高200メートルの火山である。この山は、1973年1月23日に始まった噴火によってできた。開始前、ヘイマエイ島の島民たちは何の前兆も感じることは無かった。この名前、エルトはアイスランド語で「火」、フェットルは「山」もしくは「丘」を意味する。続けて「火の山」が日本語における意訳であろうか。火山噴火はこの島に重大な危機をもたらし、殆どもう少しで島民が永久に全島避難するという結果になるところだった。火山灰が島内全域に降り注ぎ、重みで400軒の家屋を倒壊させてしまった。また、溶岩流が港をもう少しでふさぎそうになるところまで迫ってきていた。この島の主要な収入源は島民が保有する漁船団によって得られる漁獲高に占められている。港口を埋めつくさんばかりに前進する溶岩流に、ポンプで汲み上げた海水をその上にかけて冷却するという作戦が決行された。海水によって溶岩は冷えて固まり、作戦は成功した。。本作戦は、港の喪失を防げたという点で大成功をおさめた。噴火がおさまってから、島民たちは、ゆっくり冷えていく溶岩流の熱を、熱湯を沸かして暖房したり、熱で電気を起こしたりするのに利用した。彼らは広大な土地に降り積もったテフラをも利用した。テフラとは、火山灰などの空から降下する火山性の物質である。彼らは、テフラを島内にある小さな飛行場の滑走路を延伸するための盛り土の材料にしたり、港の一部を埋め立てて埠頭を新設する材料にしたりと、多方面に使ったのである。こうした復興活動により、200軒の家が新築された。
rdfs:label
  • エルトフェットル
owl:sameAs
geo:lat
  • 63.432499 (xsd:float)
geo:long
  • 20.247499 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エルトフェットル
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of