Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルサレム攻囲戦(英語: Siege of Jerusalem)は西暦70年にエルサレムを巡って起こった攻城戦で、ユダヤ属州のユダヤ人とローマ帝国の間に起こったユダヤ戦争(第一次ユダヤ戦争)の決戦でもある。この戦いでティトゥス率いるローマ軍は、ユダヤ人の叛乱軍が66年以来立て篭もっていたエルサレムを陥落させた。エルサレム市街のみならず、有名なエルサレム神殿(ヘロデ大王が築いた第二神殿)もこのときに破壊された。なおも抵抗するユダヤ人はマサダの要塞に立て篭もり、73年まで戦い続けた。神殿の破壊はユダヤ人の悲劇の日として語り継がれ、毎年ティシュアー・ベ=アーブの祭が行われている。この破壊を描いた絵画や文学も多い。一方、ローマはこの陥落を記念するティトゥスの凱旋門を建設し、これは今もローマ市内に残っている。
dbpedia-owl:combatant
  • 20pxローマ帝国
  • ユダヤ人 他
dbpedia-owl:description
  • ティトゥスの凱旋門のレリーフ。エルサレム神殿からメノーラーなどの戦利品を運び出すローマ兵
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • ローマ帝国の勝利、エルサレム市およびエルサレム神殿の破壊
dbpedia-owl:strength
  • 70,000名
  • 60,000名、ただし3つに分かれていた
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2113331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56799328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • エルサレム攻囲戦
prop-ja:caption
prop-ja:casualties
  • 不詳ながら市民多数が死亡
prop-ja:colourScheme
  • background:#cccccc
prop-ja:combatant
  • 20 (xsd:integer)
  • ユダヤ人 他
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • (第1次)ユダヤ戦争
prop-ja:date
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:place
  • ユダヤ属州エルサレム
prop-ja:result
  • ローマ帝国の勝利、エルサレム市およびエルサレム神殿の破壊
prop-ja:strength
  • 60000 (xsd:integer)
  • 70000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エルサレム攻囲戦(英語: Siege of Jerusalem)は西暦70年にエルサレムを巡って起こった攻城戦で、ユダヤ属州のユダヤ人とローマ帝国の間に起こったユダヤ戦争(第一次ユダヤ戦争)の決戦でもある。この戦いでティトゥス率いるローマ軍は、ユダヤ人の叛乱軍が66年以来立て篭もっていたエルサレムを陥落させた。エルサレム市街のみならず、有名なエルサレム神殿(ヘロデ大王が築いた第二神殿)もこのときに破壊された。なおも抵抗するユダヤ人はマサダの要塞に立て篭もり、73年まで戦い続けた。神殿の破壊はユダヤ人の悲劇の日として語り継がれ、毎年ティシュアー・ベ=アーブの祭が行われている。この破壊を描いた絵画や文学も多い。一方、ローマはこの陥落を記念するティトゥスの凱旋門を建設し、これは今もローマ市内に残っている。
rdfs:label
  • エルサレム攻囲戦 (70年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エルサレム攻囲戦
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of