Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルグランセニョール (El Gran Senor) とはアイルランドの競走馬および種牡馬である。1983年ヨーロッパ最優秀2歳馬、1984年ヨーロッパ年度代表馬、最優秀3歳馬、最優秀マイラー。血統も、全兄にデュハーストステークスを勝ち種牡馬としてブリーダーズカップ・マイル優勝馬ラストタイクーンを出したトライマイベストがいる良血馬である。日本関連では姪のフサイチパンドラが2006年のエリザベス女王杯に優勝した。距離を問わない活躍をし、生涯の連対率は100パーセントを誇った。脚部不安のために引退は早かったが、破った相手がその後ことごとく活躍しており、1980年代の競走馬の中ではトップクラスの評価を得ている。また、近年のヨーロッパの大種牡馬サドラーズウェルズとは同期で同厩舎のライバルであったが、現役時代の成績は本馬の方が優秀であった。2006年10月18日、老衰による衰弱のため安楽死となった。25歳であった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 930042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56563239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
  • Nogara
prop-ja:ffm
  • Lady Angela
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Sister Sarah
prop-ja:fm
prop-ja:fmf
prop-ja:fmff
prop-ja:fmfm
  • Geisha
prop-ja:fmm
prop-ja:fmmf
prop-ja:fmmm
  • Arbirator
prop-ja:inf
  • (ノーザンダンサー系 / War Admiral4×5=9.38%、Hyperion4×5=9.38%、Discovery5×5=6.25%)
prop-ja:jbis
  • 336924 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1970 (xsd:integer)
  • Sex Appeal
prop-ja:mf
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
prop-ja:mffm
  • Gaga
prop-ja:mfm
prop-ja:mfmf
prop-ja:mfmm
  • Businesslike
prop-ja:mm
  • 1965 (xsd:integer)
  • Best in Show
prop-ja:mmf
  • Traffic Judge
prop-ja:mmff
  • Alibhai
prop-ja:mmfm
  • Traffic Court
prop-ja:mmm
  • Stolen Hour
prop-ja:mmmf
  • Mr.Busher
prop-ja:mmmm
  • Late Date F-No.8-f
prop-ja:name
  • エルグランセニョール
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • Robert E Sangster
prop-ja:
  • エルグランセニョール
prop-ja:
prop-ja:
  • --10-18
prop-ja:
  • Sex Appeal
prop-ja:
prop-ja:
  • 1981 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
prop-ja:
  • 502969 (xsd:integer)
  • (アメリカドル換算)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エルグランセニョール (El Gran Senor) とはアイルランドの競走馬および種牡馬である。1983年ヨーロッパ最優秀2歳馬、1984年ヨーロッパ年度代表馬、最優秀3歳馬、最優秀マイラー。血統も、全兄にデュハーストステークスを勝ち種牡馬としてブリーダーズカップ・マイル優勝馬ラストタイクーンを出したトライマイベストがいる良血馬である。日本関連では姪のフサイチパンドラが2006年のエリザベス女王杯に優勝した。距離を問わない活躍をし、生涯の連対率は100パーセントを誇った。脚部不安のために引退は早かったが、破った相手がその後ことごとく活躍しており、1980年代の競走馬の中ではトップクラスの評価を得ている。また、近年のヨーロッパの大種牡馬サドラーズウェルズとは同期で同厩舎のライバルであったが、現役時代の成績は本馬の方が優秀であった。2006年10月18日、老衰による衰弱のため安楽死となった。25歳であった。
rdfs:label
  • エルグランセニョール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:f of
is prop-ja:ff of
is prop-ja:ffmf of
is prop-ja:fmf of
is prop-ja:mf of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfmf of
is prop-ja:mmf of
is prop-ja:母父 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of