Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エリュテイア(古希: Ερυθεια, Erytheia)は、ギリシア神話に登場するニンフである。ヘスペリデスの一柱である。その名前は古代ギリシア語で「紅色の女」を意味する。一般的にはアトラースの娘として知られ、別説に夜の女神・ニュクスの娘。アイグレー、ヘスペレトゥーサとともに世界の西の端にあるという「ヘスペリデスの園」に住んでいて、その中に植えたヘーラーの果樹園の黄金のリンゴを守る。大洋オーケアノスの西の果てに浮かぶ島と同名である。ゲーリュオーンはエリュテイア島上で紅い牛の群れを飼っていた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2875629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55809750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エリュテイア(古希: Ερυθεια, Erytheia)は、ギリシア神話に登場するニンフである。ヘスペリデスの一柱である。その名前は古代ギリシア語で「紅色の女」を意味する。一般的にはアトラースの娘として知られ、別説に夜の女神・ニュクスの娘。アイグレー、ヘスペレトゥーサとともに世界の西の端にあるという「ヘスペリデスの園」に住んでいて、その中に植えたヘーラーの果樹園の黄金のリンゴを守る。大洋オーケアノスの西の果てに浮かぶ島と同名である。ゲーリュオーンはエリュテイア島上で紅い牛の群れを飼っていた。
rdfs:label
  • エリュテイア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of