Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エリック・アール・シプトン(Eric Earle Shipton :1907年8月1日 - 1977年3月28日)はイギリスの登山家。1930年代から1950年代のイギリスによるエベレスト遠征において主導的な役割を果たしたにもかかわらず、エベレスト初登頂を成し遂げた1953年遠征隊の隊長選出時にメンバーからはずされた悲劇の人物。シプトンはヒマラヤ山脈だけでなく、ヨーロッパ、中央アジアからパタゴニアまで世界各地を歩いた登山家・探検家であり、多くの登山記録・探検記録を残した著述家でもあった。また、エベレスト初登頂をとげたエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイを初めてイギリス隊に迎えたのもシプトンであった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1690669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57131154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エリック・アール・シプトン(Eric Earle Shipton :1907年8月1日 - 1977年3月28日)はイギリスの登山家。1930年代から1950年代のイギリスによるエベレスト遠征において主導的な役割を果たしたにもかかわらず、エベレスト初登頂を成し遂げた1953年遠征隊の隊長選出時にメンバーからはずされた悲劇の人物。シプトンはヒマラヤ山脈だけでなく、ヨーロッパ、中央アジアからパタゴニアまで世界各地を歩いた登山家・探検家であり、多くの登山記録・探検記録を残した著述家でもあった。また、エベレスト初登頂をとげたエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイを初めてイギリス隊に迎えたのもシプトンであった。
rdfs:label
  • エリック・シプトン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of