Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エリザベス・フィッツクラレンス(Elizabeth FitzClarence、1801年1月17日 - 1856年1月16日)は、アイルランド系スコットランド貴族の第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイの妻。父は連合王国国王ウィリアム4世。母は愛妾ドロシー・ジョーダンであり、ウィリアム4世の庶子である。エリザベスは19歳の時、1820年12月7日にハノーファー王国の首都ハノーファーで第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと結婚した。結婚後はエロル伯爵夫人エリザベス・ヘイ(Elizabeth Hay, Countess of Erroll)となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2064815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58361804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エリザベス・フィッツクラレンス(Elizabeth FitzClarence、1801年1月17日 - 1856年1月16日)は、アイルランド系スコットランド貴族の第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイの妻。父は連合王国国王ウィリアム4世。母は愛妾ドロシー・ジョーダンであり、ウィリアム4世の庶子である。エリザベスは19歳の時、1820年12月7日にハノーファー王国の首都ハノーファーで第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと結婚した。結婚後はエロル伯爵夫人エリザベス・ヘイ(Elizabeth Hay, Countess of Erroll)となった。
rdfs:label
  • エリザベス・フィッツクラレンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of