Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エリエゼル・ベン・イェフダー(אֱלִיעֶזֶר בֶּן־יְהוּדָה, ’Eli‘ezer bēn Yәhūdhāh, 1858年1月7日 - 1922年12月16日)は現代ヘブライ語復活の中心人物。ロシア帝国領だったリトアニアからパレスチナに移り住み、ほぼ独力でヘブライ語を話し言葉として現代に復活させた。彼は幼い頃にヘブライ語に翻訳されたロビンソン・クルーソーを読んで衝撃を受けたといわれる。元の名前は、エリエゼル・イツハク・ペレルマン(Eliezer Yitzhak Perelman)であったが、彼は自分の名前もヘブライ語にした。ベン・イェフダとは「ユダの子」(ユダヤ「ヤコブの子ユダ」が元、西岸南部)という意味である。彼の息子ベン・ツィオンは生まれて数年間はヘブライ語のみで教育され、約二千年ぶりにヘブライ語を母語として話す最初の人物となった。古代の言葉が復活して日常的に使われるようになったのは歴史上唯一の出来事であって、奇跡と呼べるものである。ベン・イェフダーが編纂を始めた全17巻からなるヘブライ語大辞典は、彼の死後に完成した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 178281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57294330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エリエゼル・ベン・イェフダー(אֱלִיעֶזֶר בֶּן־יְהוּדָה, ’Eli‘ezer bēn Yәhūdhāh, 1858年1月7日 - 1922年12月16日)は現代ヘブライ語復活の中心人物。ロシア帝国領だったリトアニアからパレスチナに移り住み、ほぼ独力でヘブライ語を話し言葉として現代に復活させた。彼は幼い頃にヘブライ語に翻訳されたロビンソン・クルーソーを読んで衝撃を受けたといわれる。元の名前は、エリエゼル・イツハク・ペレルマン(Eliezer Yitzhak Perelman)であったが、彼は自分の名前もヘブライ語にした。ベン・イェフダとは「ユダの子」(ユダヤ「ヤコブの子ユダ」が元、西岸南部)という意味である。彼の息子ベン・ツィオンは生まれて数年間はヘブライ語のみで教育され、約二千年ぶりにヘブライ語を母語として話す最初の人物となった。古代の言葉が復活して日常的に使われるようになったのは歴史上唯一の出来事であって、奇跡と呼べるものである。ベン・イェフダーが編纂を始めた全17巻からなるヘブライ語大辞典は、彼の死後に完成した。
rdfs:label
  • エリエゼル・ベン・イェフダー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of