Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エッラ・ゲオルギイェヴナ・アダイェフスカヤ(ロシア語: Елла Георгиевна Адаевская / Ella Georgiyevna Adayevskaya, 1846年2月22日 – 1926年7月26日)はロシア帝国末期のピアニスト・作曲家・民族音楽学研究家。本名はエリザヴェータ・シュリツ(ロシア語: Елизавета Шульц, Elizavata Schul'tz)といい、アダイェフスカヤという筆名(ないしは偽名)は、グリンカの歌劇《ルスランとリュドミラ》で用いられる2つの太鼓の音(A音とD音)にちなんでいる。ドイツ語式にエリザベート・フォン・シュルツ=アダイエフスキー(Elisabeth (von) Schultz-Adaïewsky)としても知られており、本人は他にもベルトラミン(Bertramin)という偽名も名乗っていた。作曲家としては、ピアノ協奏曲や声楽曲、ロシア正教の奉神礼用聖歌や2つのオペラを手懸けたほか、イタリアの舞踏歌の曲集を編集しており、さらに研究者として、民謡や古代ギリシャの音楽について著作を遺した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1857813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47568030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エッラ・ゲオルギイェヴナ・アダイェフスカヤ(ロシア語: Елла Георгиевна Адаевская / Ella Georgiyevna Adayevskaya, 1846年2月22日 – 1926年7月26日)はロシア帝国末期のピアニスト・作曲家・民族音楽学研究家。本名はエリザヴェータ・シュリツ(ロシア語: Елизавета Шульц, Elizavata Schul'tz)といい、アダイェフスカヤという筆名(ないしは偽名)は、グリンカの歌劇《ルスランとリュドミラ》で用いられる2つの太鼓の音(A音とD音)にちなんでいる。ドイツ語式にエリザベート・フォン・シュルツ=アダイエフスキー(Elisabeth (von) Schultz-Adaïewsky)としても知られており、本人は他にもベルトラミン(Bertramin)という偽名も名乗っていた。作曲家としては、ピアノ協奏曲や声楽曲、ロシア正教の奉神礼用聖歌や2つのオペラを手懸けたほか、イタリアの舞踏歌の曲集を編集しており、さらに研究者として、民謡や古代ギリシャの音楽について著作を遺した。
rdfs:label
  • エラ・アダイェフスカヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of