Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エマヌエル「トゥーロ」・ド・グラッフェンリード男爵 (Baron Emmanuel 'Toulo' de Graffenried, 1914年5月18日 - 2007年1月22日) は、スイスのレーシングドライバー。彼はF1世界選手権23戦に出場、デビュー戦は1950年のイギリスグランプリで、生涯の通算成績は9ポイントであった。彼はまた数多くのノンタイル戦にも出走している。ド・グラッフェンリードのレース経歴は1936年に始まり、自らの所有するマセラティのヴォワチュレットで出走した。最も忘れられない結果のいくつかは自身のホームコース、ベルン近くのブレムガルテン・サーキットで達成された。彼はFIA世界選手権が行われる前年の1949年イギリスグランプリに勝利した。その後は6シーズンで7戦に出走、様々な結果を挙げた。最高の結果は1953年ベルギーグランプリの4位であった。レースから引退すると、ド・グラッフェンリードはローザンヌで車の販売代理店を経営し、アルファ・ロメオ、ロールスロイス、フェラーリなどを販売して生活費を稼いだ。また、彼は映画『スピードに命を賭ける男』の撮影でカーク・ダグラスのスタントマンを務めた。その後彼は1970年代から80年代にかけて多くのF1イベントに出演、フィリップモリスのマールボロブランドの宣伝を担当した。ド・グラッフェンリードは最初のイギリスグランプリ優勝者と見なされ、1998年のシルバーストン・サーキット50周年祭では84歳で生涯最後のレーシングカーの運転を行った。彼は死去当時、FIAの第1回選手権である1950年イギリスグランプリに出走したレーサーの中で最後まで生き残った人物であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2928359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57573119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bot
  • H3llBot
prop-ja:date
  • September 2010
prop-ja:imageSize
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・パリ
prop-ja:初戦
  • 1950 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 1950 (xsd:integer)
prop-ja:最終戦
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:死没地
  • 同・ヴォー州ロネ
prop-ja:氏名
  • エマヌエル・ド・グラッフェンリード
prop-ja:没年月日
  • 2007-01-22 (xsd:date)
prop-ja:表彰台回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:過去の所属チーム
  • '50,'51,'52,'53-'54,'56 マセラティ
  • '51 アルファロメオ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エマヌエル「トゥーロ」・ド・グラッフェンリード男爵 (Baron Emmanuel 'Toulo' de Graffenried, 1914年5月18日 - 2007年1月22日) は、スイスのレーシングドライバー。彼はF1世界選手権23戦に出場、デビュー戦は1950年のイギリスグランプリで、生涯の通算成績は9ポイントであった。彼はまた数多くのノンタイル戦にも出走している。ド・グラッフェンリードのレース経歴は1936年に始まり、自らの所有するマセラティのヴォワチュレットで出走した。最も忘れられない結果のいくつかは自身のホームコース、ベルン近くのブレムガルテン・サーキットで達成された。彼はFIA世界選手権が行われる前年の1949年イギリスグランプリに勝利した。その後は6シーズンで7戦に出走、様々な結果を挙げた。最高の結果は1953年ベルギーグランプリの4位であった。レースから引退すると、ド・グラッフェンリードはローザンヌで車の販売代理店を経営し、アルファ・ロメオ、ロールスロイス、フェラーリなどを販売して生活費を稼いだ。また、彼は映画『スピードに命を賭ける男』の撮影でカーク・ダグラスのスタントマンを務めた。その後彼は1970年代から80年代にかけて多くのF1イベントに出演、フィリップモリスのマールボロブランドの宣伝を担当した。ド・グラッフェンリードは最初のイギリスグランプリ優勝者と見なされ、1998年のシルバーストン・サーキット50周年祭では84歳で生涯最後のレーシングカーの運転を行った。彼は死去当時、FIAの第1回選手権である1950年イギリスグランプリに出走したレーサーの中で最後まで生き残った人物であった。
rdfs:label
  • エマヌエル・ド・グラッフェンリード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of