Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エピルビシン(epirubicin, Epi-ADM)は、1975年にイタリアのファルミタリア カルロエルバ社(現:ファイザー株式会社)のF. Arcamoneらによって合成・開発されたアントラサイクリン系の抗腫瘍性抗生物質製剤(抗がん剤)。塩酸塩が市販されており、商品名はファルモルビシン(販売: ファイザー / 協和発酵キリン)、後発医薬品として、塩酸エピルビシン(販売: マイラン製薬など)。ドキソルビシンの4'位のヒドロキシ基が反転した立体異性体(エピマー)であり、同様の作用機序で抗腫瘍性を示すが、毒性(特に心毒性)が少ないことが特徴である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 737190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49063267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L01
prop-ja:atcSuffix
  • DB03
prop-ja:bioavailability
  • -
prop-ja:casNumber
  • 56420 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • C27H29NO11
prop-ja:drugbank
  • APRD00361
prop-ja:eliminationHalfLife
  • α相(分布相): 4.67分
  • β相(排泄相): 1.15時間
  • γ相(排泄相): 36.5時間
prop-ja:excretion
  • 胆汁中35%、尿中20%
  • (96時間)
prop-ja:iupacName
  • 10 (xsd:integer)
  • dihydro-7H-tetracene-5,12-dione
  • trihydroxy-8--1-methoxy-9,10-
prop-ja:kegg
  • D07901
prop-ja:legalStatus
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 543.519000 (xsd:double)
  • 579.980000 (xsd:double)
prop-ja:pregnancyCategory
  • D
prop-ja:proteinBound
  • 82 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 41867 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 静注、肝動注、膀注
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エピルビシン(epirubicin, Epi-ADM)は、1975年にイタリアのファルミタリア カルロエルバ社(現:ファイザー株式会社)のF. Arcamoneらによって合成・開発されたアントラサイクリン系の抗腫瘍性抗生物質製剤(抗がん剤)。塩酸塩が市販されており、商品名はファルモルビシン(販売: ファイザー / 協和発酵キリン)、後発医薬品として、塩酸エピルビシン(販売: マイラン製薬など)。ドキソルビシンの4'位のヒドロキシ基が反転した立体異性体(エピマー)であり、同様の作用機序で抗腫瘍性を示すが、毒性(特に心毒性)が少ないことが特徴である。
rdfs:label
  • エピルビシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of