Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • [Image:Mond-vergleich.svg|240px|thumb|right|2つのオレンジ色の円は、全く同じ大きさである。しかし、左側のほうが小さく見えるだろう。]エビングハウス錯視(エビングハウスさくし、{en|Ebbinghaus illusion})は、相対的な大きさ知覚 ({en|size perception}) に関連する、[錯視]の一種である。この錯視のうち最もよく知られている類型は、同じ大きさの円が2つあり、それぞれ大きな円か小さな円で囲まれている図である。前者の円は小さく、後者の円は大きく知覚される。この錯視は、[ドイツ]の心理学者[ヘルマン・エビングハウス]にちなんで命名された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1542262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56786904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • [Image:Mond-vergleich.svg|240px|thumb|right|2つのオレンジ色の円は、全く同じ大きさである。しかし、左側のほうが小さく見えるだろう。]エビングハウス錯視(エビングハウスさくし、{en|Ebbinghaus illusion})は、相対的な大きさ知覚 ({en|size perception}) に関連する、[錯視]の一種である。この錯視のうち最もよく知られている類型は、同じ大きさの円が2つあり、それぞれ大きな円か小さな円で囲まれている図である。前者の円は小さく、後者の円は大きく知覚される。この錯視は、[ドイツ]の心理学者[ヘルマン・エビングハウス]にちなんで命名された。
rdfs:label
  • エビングハウス錯視
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of