Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エナントトキシン (Oenanthotoxin) は、エナントサフラン (Oenanthe crocata) やその他のセリ属 (Oenanthe) 植物から抽出される毒である。中枢神経系の毒で、γ-アミノ酪酸の非競合アンタゴニストとして作用する。古代サルデーニャでは、地元のセリに含まれるこの物質が安楽死に用いられていた。1949年には、クラークらによって結晶化された。構造的には、シクトキシンやファルカリノールと非常に近い。
dbpedia-owl:iupacName
  • (2E,8E,10E,14R)-heptadeca-2,8,10-triene-4,6-diyne-1,14-diol
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3048732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52897976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • oenanthotoxin-structure.png
prop-ja:iupacname
  • -heptadeca-2,8,10-triene-4,6-diyne-1,14-diol
prop-ja:othernames
  • Enanthotoxin
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エナントトキシン (Oenanthotoxin) は、エナントサフラン (Oenanthe crocata) やその他のセリ属 (Oenanthe) 植物から抽出される毒である。中枢神経系の毒で、γ-アミノ酪酸の非競合アンタゴニストとして作用する。古代サルデーニャでは、地元のセリに含まれるこの物質が安楽死に用いられていた。1949年には、クラークらによって結晶化された。構造的には、シクトキシンやファルカリノールと非常に近い。
rdfs:label
  • エナントトキシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Enanthotoxin
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of