Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドワード・フレドキン(英: Edward Fredkin、1934年 - )は、計算機科学者、物理学者である。理論計算機科学の分野、特に可逆計算とセル・オートマトンでの業績が知られている。デジタル物理学の先駆者の1人でもあるが、近年のworkでは「デジタル哲学」という語を使っている。フレドキンの考案した可逆計算ゲートであるフレドキンゲートは、コンラート・ツーゼが可逆計算の重要性を示唆した著書 Calculating Space(1969年)において、可逆計算を実装する基盤として引用されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1444821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54394515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エドワード・フレドキン(英: Edward Fredkin、1934年 - )は、計算機科学者、物理学者である。理論計算機科学の分野、特に可逆計算とセル・オートマトンでの業績が知られている。デジタル物理学の先駆者の1人でもあるが、近年のworkでは「デジタル哲学」という語を使っている。フレドキンの考案した可逆計算ゲートであるフレドキンゲートは、コンラート・ツーゼが可逆計算の重要性を示唆した著書 Calculating Space(1969年)において、可逆計算を実装する基盤として引用されている。
rdfs:label
  • エドワード・フレドキン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of