Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サー・エドワード・サビーンまたはサビン(Sir Edward Sabine,1788年10月14日 - 1883年5月26日)はアイルランド生まれのイギリスの天文学者、軍人、探検家である。1818年からのジョン・ロスの北極圏探検航海に加わり、1821年と1823年にはアフリカを含む各地の地磁気の観測、振り子による重力の測定を行った。それらの観測から地磁気が約10年の周期で変動していることを発見した。1851年に地磁気変動と、ハインリッヒ・シュワーベの太陽黒点の出現周期との間の相関関係を見出した。1821年コプリ・メダルを受賞し、1861年から1971年のあいだ王立協会会長をつとめた。彼の兄弟の孫に、民俗研究家のセイバイン・ベアリング=グールドがいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 316582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58777176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --12-11
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1883年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サー・エドワード・サビーンまたはサビン(Sir Edward Sabine,1788年10月14日 - 1883年5月26日)はアイルランド生まれのイギリスの天文学者、軍人、探検家である。1818年からのジョン・ロスの北極圏探検航海に加わり、1821年と1823年にはアフリカを含む各地の地磁気の観測、振り子による重力の測定を行った。それらの観測から地磁気が約10年の周期で変動していることを発見した。1851年に地磁気変動と、ハインリッヒ・シュワーベの太陽黒点の出現周期との間の相関関係を見出した。1821年コプリ・メダルを受賞し、1861年から1971年のあいだ王立協会会長をつとめた。彼の兄弟の孫に、民俗研究家のセイバイン・ベアリング=グールドがいる。
rdfs:label
  • エドワード・サビーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of