Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドワード・ルイス・アルマン(Edward Louis Ullman、1912年 - 1976年)は、アメリカ合衆国の地理学者。多核心モデルをチョーンシー・ハリスとともに発表したことで知られる。第二次世界大戦中、地理学の有効性を示すために空間的相互作用の研究に傾倒した。この空間的相互作用(spatial interaction)という語はアルマンが初めて用いたものであり、場所(地域)間の人口・物資・情報などのさまざまな流動現象を指す専門用語となった。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:residence
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2404451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58065781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1912 (xsd:integer)
prop-ja:birthPlace
  • イリノイ州シカゴ
prop-ja:deathDate
  • 1976 (xsd:integer)
prop-ja:fields
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • Edward Louis Ullman
  • エドワード・ルイス・アルマン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エドワード・ルイス・アルマン(Edward Louis Ullman、1912年 - 1976年)は、アメリカ合衆国の地理学者。多核心モデルをチョーンシー・ハリスとともに発表したことで知られる。第二次世界大戦中、地理学の有効性を示すために空間的相互作用の研究に傾倒した。この空間的相互作用(spatial interaction)という語はアルマンが初めて用いたものであり、場所(地域)間の人口・物資・情報などのさまざまな流動現象を指す専門用語となった。
rdfs:label
  • エドワード・アルマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Edward Louis Ullman
  • エドワード・ルイス・アルマン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of