Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドウィン・F・デーヴィス(Edwin F. Davis)は世界初の「州の電気技術者」(電気椅子による死刑執行人)である。世界で最初に電気椅子による死刑執行を行い、電気椅子の実務上の詳細を決めた人物である。彼は1890年8月6日にニューヨーク州のオーバーン刑務所でウィリアム・ケムラーに世界初となる電気椅子による死刑執行を行った。1899年4月8日にはマーサ・プレイスに二度目の死刑執行を行った。デーヴィスは、電気椅子の特定の特徴に関する特許を取得した。(1897年8月3日に、彼の「電気処刑椅子」は米国特許第587,649号を認められた。)なお、電気椅子の特許登録名は「Electric chair(電気椅子)」ではなく「Electrocution-Chair(感電死椅子)」である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1374709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55503619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エドウィン・F・デーヴィス(Edwin F. Davis)は世界初の「州の電気技術者」(電気椅子による死刑執行人)である。世界で最初に電気椅子による死刑執行を行い、電気椅子の実務上の詳細を決めた人物である。彼は1890年8月6日にニューヨーク州のオーバーン刑務所でウィリアム・ケムラーに世界初となる電気椅子による死刑執行を行った。1899年4月8日にはマーサ・プレイスに二度目の死刑執行を行った。デーヴィスは、電気椅子の特定の特徴に関する特許を取得した。(1897年8月3日に、彼の「電気処刑椅子」は米国特許第587,649号を認められた。)なお、電気椅子の特許登録名は「Electric chair(電気椅子)」ではなく「Electrocution-Chair(感電死椅子)」である。
rdfs:label
  • エドウィン・デーヴィス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of