Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エドゥアルト・フォン・ハルトマン (Karl Robert Eduard von Hartmann, 1842年2月23日-1906年6月5日)はドイツの哲学者。生の哲学や新カント派、ユングなどに影響を与えた。将軍の息子としてベルリンに生まれる。1858年に砲兵連隊の近衛隊に入隊し、軍人として活動していた。しかし1865年に膝に問題を抱えて、除隊。その後、音楽と哲学のどちらを職業とするかで迷ったが、哲学で生きていくことを決め、1867年にロストク大学にて博士号取得。その後、ベルリンに戻り、膝の持病が悪化し、痛みと闘いながらほとんどベッドの上で執筆活動を行う。特にこれといった職に就くことなく生涯を終えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 219793 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46759425 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1906年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エドゥアルト・フォン・ハルトマン (Karl Robert Eduard von Hartmann, 1842年2月23日-1906年6月5日)はドイツの哲学者。生の哲学や新カント派、ユングなどに影響を与えた。将軍の息子としてベルリンに生まれる。1858年に砲兵連隊の近衛隊に入隊し、軍人として活動していた。しかし1865年に膝に問題を抱えて、除隊。その後、音楽と哲学のどちらを職業とするかで迷ったが、哲学で生きていくことを決め、1867年にロストク大学にて博士号取得。その後、ベルリンに戻り、膝の持病が悪化し、痛みと闘いながらほとんどベッドの上で執筆活動を行う。特にこれといった職に就くことなく生涯を終えた。
rdfs:label
  • エドゥアルト・フォン・ハルトマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of