Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エトルリア(ラテン語: Etruria)は、紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群。ギリシャ語ではティレニア (Τυρρηνία Tyrrhenia)。各都市国家は宗教・言語などの面で共通点があり、統一国家を形成することはなかったものの、12都市連盟と呼ばれゆるやかな連合を形成し、祭司・軍事で協力することもあった。古代ギリシアとは異なる独自の文化を持っていた。当時としては高い建築技術を持ち、その技術は都市国家ローマの建設にも活かされた。王政ローマの7人の王の最後の3人はエトルリア系である。鉄を輸出し古代ギリシアの国家と貿易を行っていた。夫婦と思われる男女の横たわる石像が残っており、男女平等の考えを持つ稀な民族だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 64932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56923736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エトルリア(ラテン語: Etruria)は、紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群。ギリシャ語ではティレニア (Τυρρηνία Tyrrhenia)。各都市国家は宗教・言語などの面で共通点があり、統一国家を形成することはなかったものの、12都市連盟と呼ばれゆるやかな連合を形成し、祭司・軍事で協力することもあった。古代ギリシアとは異なる独自の文化を持っていた。当時としては高い建築技術を持ち、その技術は都市国家ローマの建設にも活かされた。王政ローマの7人の王の最後の3人はエトルリア系である。鉄を輸出し古代ギリシアの国家と貿易を行っていた。夫婦と思われる男女の横たわる石像が残っており、男女平等の考えを持つ稀な民族だった。
rdfs:label
  • エトルリア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spokenIn of
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:states of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of