Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エテオクレース(古希: Ἐτεοκλῆς, Eteoklēs, ラテン語: Eteocles)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してエテオクレスとも表記される。テーバイ王オイディプースと、その母であり妻となったイオカステーの息子である。ラーオダマースの父。父オイディプースが出生と神託の真実を知り、妹アンティゴネーと国を出た後、兄のポリュネイケースと一年おきに国を治めるが、その後、兄を国外追放し、国を独占する。しかし、国を逃れ、アルゴス王アドラーストスの娘と結婚したポリュネイケースとの戦闘で相討ちとなり死亡した。(『テーバイ攻めの七将』)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 223521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55997064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エテオクレース(古希: Ἐτεοκλῆς, Eteoklēs, ラテン語: Eteocles)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してエテオクレスとも表記される。テーバイ王オイディプースと、その母であり妻となったイオカステーの息子である。ラーオダマースの父。父オイディプースが出生と神託の真実を知り、妹アンティゴネーと国を出た後、兄のポリュネイケースと一年おきに国を治めるが、その後、兄を国外追放し、国を独占する。しかし、国を逃れ、アルゴス王アドラーストスの娘と結婚したポリュネイケースとの戦闘で相討ちとなり死亡した。(『テーバイ攻めの七将』)
rdfs:label
  • エテオクレース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of