Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エチオピアの国章(エチオピアのこくしょう The Coat of arms of Ethiopia)は、1996年から現在の形となった。青の盾形紋地に、光線を発している金色の五芒星を含んでいる。この五芒星は、旧エチオピアの皇族の先祖だとされるソロモン王の紋章が起源とされている。今日では、五芒星は人々の結束とエチオピアの愛国心を表す。また、この国章はエチオピアの国旗の中心にも使用されている。帝政時代(エチオピア帝国)の国章は皇帝を象徴するユダヤの獅子(ライオン)を中心に据えたものであり、これもまた国旗の中心に使用されていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1090675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58140680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:armiger
  • エチオピア
prop-ja:imageWidth
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • エチオピアの国章
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearAdopted
  • 1996 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エチオピアの国章(エチオピアのこくしょう The Coat of arms of Ethiopia)は、1996年から現在の形となった。青の盾形紋地に、光線を発している金色の五芒星を含んでいる。この五芒星は、旧エチオピアの皇族の先祖だとされるソロモン王の紋章が起源とされている。今日では、五芒星は人々の結束とエチオピアの愛国心を表す。また、この国章はエチオピアの国旗の中心にも使用されている。帝政時代(エチオピア帝国)の国章は皇帝を象徴するユダヤの獅子(ライオン)を中心に据えたものであり、これもまた国旗の中心に使用されていた。
rdfs:label
  • エチオピアの国章
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of