Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エチオピアの大主教聖フルメンティ(ゲエズ語ラテン文字表記: frēmnāṭōs, 英語表記例: Phrumentios, Frumentius、383年頃永眠)は、キリスト教の聖人。東西教会のいずれにおいても、聖人の概念をもつ諸教派で崇敬されている。エチオピアへのキリスト教伝道で知られる。ギリシャ語からフルメンティオス(Φρουμέντιος)、ラテン語からフルメンティウス(Frumentius)とも転写出来る。フルメンティはシロフェニキア・ギリシャ人(Syro-Phoenician Greek)としてティルスに生まれたが、幼少の頃に奴隷としてアクスム皇帝に売られ、アビシニアに移り住んだ。宮廷の近くで成長するとともにアクスム皇帝の知己となり、皇帝の子の教師となった。のちに皇帝の許可を得て一時帰郷した際にアレクサンドリアに立ち寄り、聖大アタナシオスに会う。その際、アタナシオスから主教に叙聖されてアビシニアに戻った。以後、アクスム皇帝に洗礼を授けたのをはじめとして、多くのエチオピア人に伝道を行い、多くの聖堂を建てた。エチオピア人達からは「我らの父」「平和の父」と呼ばれた。エチオピアでは、新約聖書を現地の言葉に最初に翻訳したのはフルメンティであるとも伝えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1954813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1866 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46873213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:他言語表記
  • ゲエズ語ラテン文字表記: frēmnāṭōs
  • 英語表記例: Phrumentios, Frumentius
prop-ja:名前
prop-ja:守護対象
prop-ja:崇敬する教派
prop-ja:死去年(日)_
  • 383 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Frumentius.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:称号
prop-ja:記念日
  • 1930-01-01 (xsd:date)
  • 2018-02-01 (xsd:date)
  • --08-01
  • --10-27
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エチオピアの大主教聖フルメンティ(ゲエズ語ラテン文字表記: frēmnāṭōs, 英語表記例: Phrumentios, Frumentius、383年頃永眠)は、キリスト教の聖人。東西教会のいずれにおいても、聖人の概念をもつ諸教派で崇敬されている。エチオピアへのキリスト教伝道で知られる。ギリシャ語からフルメンティオス(Φρουμέντιος)、ラテン語からフルメンティウス(Frumentius)とも転写出来る。フルメンティはシロフェニキア・ギリシャ人(Syro-Phoenician Greek)としてティルスに生まれたが、幼少の頃に奴隷としてアクスム皇帝に売られ、アビシニアに移り住んだ。宮廷の近くで成長するとともにアクスム皇帝の知己となり、皇帝の子の教師となった。のちに皇帝の許可を得て一時帰郷した際にアレクサンドリアに立ち寄り、聖大アタナシオスに会う。その際、アタナシオスから主教に叙聖されてアビシニアに戻った。以後、アクスム皇帝に洗礼を授けたのをはじめとして、多くのエチオピア人に伝道を行い、多くの聖堂を建てた。エチオピア人達からは「我らの父」「平和の父」と呼ばれた。エチオピアでは、新約聖書を現地の言葉に最初に翻訳したのはフルメンティであるとも伝えられている。
rdfs:label
  • エチオピアのフルメンティ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of