Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エタンチオール(ethanethiol)は示性式 CH3CH2SH で表される有機硫黄化合物であり、エチルメルカプタン (ethylmercaptan) とも呼ばれる。チオールの一種でSH基にエチル基が結合した構造である。他の多くのチオール類と同様に強い刺激臭を持つ。極めて引火性が高く、また、体内に吸入すると有害である。
dbpedia-owl:casNumber
  • 75-08-1
dbpedia-owl:iupacName
  • エタンチオール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1273480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58554423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 75 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • エタンチオール
prop-ja:smiles
  • CCS
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C2H6S
prop-ja:分子量
  • 62.130000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • エチルメルカプタン
prop-ja:名称
  • エタンチオール
prop-ja:密度
  • 0.839000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:沸点
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 気体
prop-ja:融点
  • −144
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エタンチオール(ethanethiol)は示性式 CH3CH2SH で表される有機硫黄化合物であり、エチルメルカプタン (ethylmercaptan) とも呼ばれる。チオールの一種でSH基にエチル基が結合した構造である。他の多くのチオール類と同様に強い刺激臭を持つ。極めて引火性が高く、また、体内に吸入すると有害である。
rdfs:label
  • エタンチオール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エチルメルカプタン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of