Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エセン・ハーン(モンゴル語:Эсэн тайш хаан 、英語:Esen taishi、? - 1454年)は、15世紀中頃のオイラトの首長。はじめエセン・タイシと称し、漢文史料では也先と表記される。オイラトの最大版図を築き、1449年には明に侵攻して土木堡(現在の河北省張家口市懐来県)の地で明軍を破り、皇帝・英宗正統帝を捕虜とした(土木の変)。その後、非チンギス・カン裔のモンゴル貴族として初めてハーンを称したが、部下の反乱によって滅ぼされた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 872520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58025645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • エセン
prop-ja:出生日
  • 1407 (xsd:integer)
prop-ja:別号
  • エセン・タイシ、大元天盛可汗
prop-ja:各国語表記
  • Эсэн
prop-ja:君主号
  • モンゴル帝国第29代皇帝(大ハーン)
prop-ja:在位
  • 1453 (xsd:integer)
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • 1454 (xsd:integer)
prop-ja:王家
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エセン・ハーン(モンゴル語:Эсэн тайш хаан 、英語:Esen taishi、? - 1454年)は、15世紀中頃のオイラトの首長。はじめエセン・タイシと称し、漢文史料では也先と表記される。オイラトの最大版図を築き、1449年には明に侵攻して土木堡(現在の河北省張家口市懐来県)の地で明軍を破り、皇帝・英宗正統帝を捕虜とした(土木の変)。その後、非チンギス・カン裔のモンゴル貴族として初めてハーンを称したが、部下の反乱によって滅ぼされた。
rdfs:label
  • エセン・ハーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of