Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エスコラピオス修道会(エスコラピオスしゅうどうかい、羅: Ordo Clericorum Regularium pauperum Matris Dei Scholarum Piarum、略称: S.P.、西: Escolapios)は、キリスト教 カトリック教会の男子修道会。総本部はローマ。青少年の人間的・キリスト教的な教育を通して、社会の刷新を図ることが目的。創始者聖ヨセフ・カラサンスは「幼い頃からの教育」が重要であるとした為、活動の重点は基礎的な教育およびキリスト教要理の教育を目的とした小・中学校に置かれている。広く哲学・神学の分野にも着目し、ガリレオ・ガリレイやトマソ・カンパネッラを認める等、各々の時代における革新的な面に大いに貢献して、神学校の指導や中央ヨーロッパでの反宗教改革運動にも加わり実績を残している。日本には、1950年10月に同会の司祭2名が横浜に来日。以来、多数の修道会会員が来日しており、青少年教育や、小教区司牧等に携わっている。現在、四日市市と横浜市に小教区2つを持ち、教育活動は、2つの幼稚園および四日市市の海星中学校・高等学校を通して行なわれている。日本本部は横浜市の戸部カトリック教会に併設されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2585092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56970556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エスコラピオス修道会(エスコラピオスしゅうどうかい、羅: Ordo Clericorum Regularium pauperum Matris Dei Scholarum Piarum、略称: S.P.、西: Escolapios)は、キリスト教 カトリック教会の男子修道会。総本部はローマ。青少年の人間的・キリスト教的な教育を通して、社会の刷新を図ることが目的。創始者聖ヨセフ・カラサンスは「幼い頃からの教育」が重要であるとした為、活動の重点は基礎的な教育およびキリスト教要理の教育を目的とした小・中学校に置かれている。広く哲学・神学の分野にも着目し、ガリレオ・ガリレイやトマソ・カンパネッラを認める等、各々の時代における革新的な面に大いに貢献して、神学校の指導や中央ヨーロッパでの反宗教改革運動にも加わり実績を残している。日本には、1950年10月に同会の司祭2名が横浜に来日。以来、多数の修道会会員が来日しており、青少年教育や、小教区司牧等に携わっている。現在、四日市市と横浜市に小教区2つを持ち、教育活動は、2つの幼稚園および四日市市の海星中学校・高等学校を通して行なわれている。日本本部は横浜市の戸部カトリック教会に併設されている。
rdfs:label
  • エスコラピオス修道会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of